INTERVIEW

生まれも育ちも地元因島。 日々新たな挑戦で 技術を磨き会社や地域に貢献したい

ボイラ事業部 ボイラ統括部 エンジニアリング課

村上 明

入社年/2015年

立正大学 経済学部 経済学科卒

進学で一度離れたことで地元の魅力を再発見
ずっと地元で働きたいと強く願い入社を決意

因島は温暖で穏やかな気候だけでなく、街の雰囲気も人も温厚で魅力があふれる地域です。私は生まれてから因島で育ったため、県外で大学生活をはじめて、改めてここの素晴らしさに気付かされました。自然豊かで穏やかな瀬戸内の海に囲まれた環境で働きたい、と次第に考え、因島に数ある会社の中でも当社の社風である、人とのつながりを大切にし、人情味あふれる雰囲気に魅力を感じて志望しました。

社内外問わずコミュニケーションが仕事の基本
全工程の管理・調整や課題解決も仲間の協力で成し遂げます

ボイラ統括部に所属し、ボイラ製造における生産管理業務に従事しています。スムーズな工事の進行への調整が主な業務で、社内はもちろん、社外にさまざまな依頼をすることもあるため、多方面とコミュニケーションをとりながら、製作工程管理・製造コストの管理を行っています。特にスケジュール管理には気をつかいます。私は若干、楽観的な性格ということもあり、不慣れなうちは管理が不十分で他部署に迷惑をかけることもありましたが、その反省から手帳を常に持ち歩き、タスクを管理するようにしました。それ以来、社内外との密な連携もスムーズに行え、一つひとつの工程調整に細心の注意が払え、円滑に進行できるようになりました。

製造開始から出荷までボイラは大きく成長を遂げる
都度直面する課題を乗り越え仕事の醍醐味が味わえる

製造途中で問題が発生した場合、関係部門が連携して、問題解決に取り組んでいます。結果的にこの流れがお客様からの信頼獲得につながっています。試行錯誤しながら全員が一体となった課題解決への取り組みは当社の最大の武器であり、高い技術を根底で支えています。私たちの仕事は似たような形状であっても、まったく同じものはありません。そのため、各工程で微細な調整をしながら、より高品質の製品提供を心がけています。当社の製品は「溶接外観が非常に美しい」と言われるほどの丁寧で高い技術力で、ものづくりに携わる者として誇りに思います。だからこそ、自分たちが製造するボイラが、課題を解決して完成に近づく姿を見ると、我が子の成長を眺めるようで、感慨深くいつも感動してしまいます。

自ら疑問に対し他者から得られる考えや意見を取り入れ課題解決のベストな方法が選択できる職場です

入社前は、自分主体で物事を考えていましたが、入社後は多くの経験を積むことで自分以外の考え方や意見を聞き、積極的な判断をするほうが、よりベストな方法を選択できるという考えに至りました。今の仕事は他部署との連携やコミュニケーションをとる機会も多く、さまざまな立場の方からの意見が聞けます。相手の話に真摯に耳を傾けることで聞く力が自然に養われ、そこから課題解決の糸口を見つけられます。挑戦しがいのある難しい仕事ほど自分が成長できるチャンスと考え、そこでさらに人間力を磨きたいです。その成長が会社への貢献になり、さらに生まれ育った因島の地域貢献ができる人材になりたいと思います。ものづくりに興味のある方は、どんなことにも常に疑問を持つことで、問題解決力が身に付くはずです。どんな困難にもめげずに、元気いっぱい挑める方と一緒に仕事ができればうれしいです。

1日のスケジュール Oneday Schedule

8:00

検査・会議・打合せ・面談スケジュールの確認と準備

9:00

製造に必要な書類・要領書の作成作業

10:00

製造現場における工事進捗の現場確認と溶接品質の確認

11:00

メール及び連絡文書の内容のチェックと各種書類のレビュー

12:00

昼食・休憩

13:00

製品の製造・検査・設計との合同検査・品質チェック作業

16:00

製造・検査・設計・営業部門を交えての全体工程会議
メール及び連絡文書の内容のチェックと各種書類のレビュー

17:00

退社