CROSS TALKボイラ統括部

世界に認められた壮大な装置に
携わる面白さと緻密な作業の連続は
IMEXだから味わえるやりがいに
つながっています

熱源を利用してエネルギーに変換するボイラ装置。
多くの産業に欠かせない装置として、日本全国で活躍しています。
巨大な製品が組み上がり完成した姿は、社員の誰もが誇りに思える高品質なもの。
国内屈指の大型製造装置により生み出される製品は、日本のみならず、広く海外へも納品されています。
各職域の先輩社員が仕事への思いを語ってくれました。

藤木 義則

ボイラ事業部 ボイラ統括部
エンジニアリング課

藤木 義則

摂南大学
工学部卒

村山 大志

ボイラ事業部 ボイラ統括部
設計課

村山 大志

徳島大学 大学院
工学研究科卒

村上 智昭

ボイラ事業部 ボイラ統括部
営業課

村上 智昭

修成建設専門学校
建築工学科卒

山内 貴弘

ボイラ事業部 ボイラ統括部
基本計画課

山内 貴弘

関西大学
工学部卒

皆さんがIMEXと出会ったきっかけと、
入社を決めたきっかけや出来事とその思いをお聞かせください。

藤木

今思うと乗り物が好きな子どもでした。中でもエンジンに興味があり、それが講じて大学進学後はスターリングエンジンを専門的に学んでいました。実際、加工や組み立てまで行うようになり、就活の際に大学教授から当社を推薦されました。会社見学の際、それまで自分が関わってきたクルマのエンジンのサイズが常識でしたが、扱う製品の大きさに驚き、非常に興味を持ちました。

村山

仕事が形に残るものづくりに高い関心を持っていました。特化型ではなく、高い技術を基盤にして新たなことにチャレンジができる会社だと実感したことと、普段は見ることができない大型製品が作れる生産設備に圧倒されました。ワンストップでものづくりを体感しながら、自分が設計したものが完成されていく面白さが味わえるのではないかと思い、入社を決めました。

村上

大学を卒業する際、地元の因島で働きたいという思いがありました。そのときに父親から、いい会社があると紹介を受けました。企業研究を進めていく中で、IMEXであれば学校で学んだ建築の設計に携われることを知り、面接を受けました。現在は設計を離れて営業職に就いていますが、建築設計とボイラ設計業務を長年行っていた経験が日々の業務に生かされていると思います。

山内

大学の就職担当者に「大きな物の設計や製造がしたい」と伝えたところ、偶然その先生が熱関係を研究しており、当社と関わりがあったため、まずは工場見学に行ってみないかと勧められました。第一の印象は工場の立地や雰囲気がいいと思いました。勧められるまま面接を受けたところ、とんとん拍子に話が進み、入社が決まりました。

仕事を行う上でIMEXだからこそのやりがいや魅力、
職能に応じて特に注意を払っていることはなんでしょうか

藤木

現在は製造における全体管理を行っています。各部門担当者の間に入り、課題や問題に対してどのように取り組むかという調整が主な仕事です。もちろん各分野のプロが集まっているため、前向きな意見の食い違いは当然出てきます。そこを上手にまとめながら全員が納得し、最高の製品を作り上げられたときは大きなやりがいを感じますし、同時に達成感を得ることもできます。

村山

設計は緻密な作業を積み上げていく仕事です。ボイラ装置は役割や用途に応じて種類が数多くあり、お客様の要望も多種多様なためどれ一つとして同じ物はありません。細かな部分の加工で作業者から意見が出ると、可能な限り現場に足を運びその場で打ち合わせながら解決策を考えるようにしています。その経験は現場が製作しやすい図面作成スキルとなって自分に蓄積されています。

村上

社内工場では設計段階から製造、試運転を経て納品に至ります。各部門が一丸となって長期にわたって作り上げられた製品の納品時は喜びとともにやりがいを感じます。営業職として一番大事にしていることは、コミュニケーションですね。複数の意見を元にして最良だと思う正解を導き出しながらの進捗は、数多くの打ち合わせや検討会でいかに協調できるかが重要だと思います。

山内

私は現在、大阪支社で基本企画を担当しており、製品の性能試験や試運転に立ち会います。完成された姿を見ると、その大きさに圧倒されることもよくあります。特に仕事でやりがいを感じる瞬間は、製品が巨大なため航空写真にも写るということです。上空から自分が携わった製品が確認できるというスケールは、地図に残る仕事として誇りに感じています。

入社後の教育制度や社内環境、社風はどういったものがありますか

藤木

豊富な知識が必要な仕事であるため、常に勉強が必要だと思います。座学でも情報は得られますが、実際に身をもって体感したことは、「使える知識」として身に付くと思います。それを実現するために、新人たちにはできるだけ多くの経験が積み重ねられるような指導を行っています。

村山

受け身ではなく自分から、いかに発信ができるかを教育の際に重視しています。すぐに答えだけを教えるのではなく、ヒントを与えながら解決を促すアドバイスを行うことで、まずは自分で考えて行動をしてみる、ということが習慣化されます。この繰り返しは自分で解決する取り組みにつながると思います。

村上

若手から寄せられる質問は、自分が通ってきた道と同じだと実感しています。先輩からうけた指導を思い出しながら、その経験を元に接するようにしています。抱え込まずにまずは聞いてみよう、という前向きな意識を持ってもらえるように、話しかけやすい環境づくりも重要だと考えています。

山内

私の入社当時は、経験豊富な先輩が多くいたため、一人に質問をすると同時に複数人から経験を元にしたさまざまな意見をもらえました。教える立場になった今は、昔のように見よう見まねではなく、スタートをしやすいように統一された書類の整備を進めるなど、理解が深まる環境づくりをしています。

これからどのようなキャリアアップを行い、
思い描く会社と自分の将来像は

藤木

意見交換が活発に行われる社風ということもあり、コミュニケーションが重要だと感じています。それと同時に現状に満足せず常に新しい仕事にチャレンジをしたいです。加えてマクロ的視点を持ちながらも専門性を突き詰めた存在になり、誰からも頼られる人材でありたいと思っています。

村山

受注ごとに他にはない独自のボイラを作るため、その発注内容もボイラ本体の納品のみ、試運転を含めた工事など、さまざまです。そういった、想定されるあらゆるニーズに対応し続けるためには、幅の広い知識が必要不可欠です。リクエストに的確に応えられる設計を行っていきたいです。

村上

経験を元に対応できる仕事へは、確実に前回よりも改善が施されたものづくりを行いたいと思っています。そこで得られた知識や経験の情報共有を行い、後輩たちがさらに精度の高い製品を作る原動力になってほしいです。今後も常に新技術によって磨かれた製品を世に送り出したいです。

山内

初めて担当した案件は、見上げるほど大きなボイラ装置でした。その大きさに圧倒されたのは今でも鮮明に覚えています。これほど壮大な仕事には誇りを感じますし、試運転での立ち会いでは思わぬトラブルもあります。現場でそれをクリアにする達成感をさらに突き詰めていきたいですね。