INTERVIEW

ボイラの製造は多岐に渡る作業や 工程の連続。先輩や上司に支えられ 多くの挑戦をしています

ボイラ事業部 ボイラ工作部 ボイラ工作課

尾越 空

入社年/2018年

愛媛県立弓削高等学校 普通科卒

大好きな地元で働きたいという強い思いがかなう
親切な先輩社員の存在は非常に心強く感じた

学生の頃から、将来は地元で働き地域に貢献したいという思いがありました。実家の近くに当社に勤務している方がいたため、その思いを伝えたところ、気さくな雰囲気で会社見学に誘っていただきました。当時はまだ社会経験や専門知識もない自分が、どこまで成長できるのか試してみたいという思いもあり、また、社員の挑戦に対してのバックアップ体制がある社風にも魅力を感じました。入社後現場に出ると、分からないことも多くありましたが、些細なことでも気軽に相談に乗って下さる先輩や上司の存在に助けられながら、多くのことを学び、吸収しています。

精度を求められる作業はどれも緊張感の連続
そのすべての経験がスキルアップにつながる

今は一次加工でマーキング、エコノグラフによるガス切断、パネル磨きなどの作業を行っています。先輩方が基礎から丁寧に教えて下さるので、より多くの作業に挑戦でき、ありがたく感じています。作業内容はそれぞれ難所があり、一つひとつの作業に集中して試行錯誤を繰り返しながら乗り越えていくことで、着実にスキルアップができていると実感することも、やりがいにつながっています。形がない状態からものづくりを行うという仕事はワクワクの連続ですし、自分の手がけたものがどのように組み立てられて完成に近づいていくか、という過程を体感できることも、この仕事の醍醐味だと思います。

メリハリをつけて作業に集中することが
安全で完成度の高い仕事を進める重要な鍵

現場ではミスに注意を払って作業を進めることが重要です。会社全体で安全対策にも力を入れており、一つひとつの作業を集中して行うため、休み時間にはしっかりと休憩をとるようにしています。メリハリをつけることでかなりの集中力が必要な繊細な作業にきちんと取り組めていると思います。これがミスの減少にもつながり、完成度の高い仕事につながっています。集中力を途切れさせない努力をしながら、多くの人と協力して作業を進めるために重要なのがコミュニケーション能力だと思います。協調性は当社の社風でもあり、業務を通して自然と身に付いていきます。

丁寧な仕事を積み重ねることによって
技術向上とチャレンジ精神を磨きたい

与えられた仕事に向き合い、丁寧にやり遂げることで、スキルが得られるのはもちろんのこと、難易度が高い仕事をさらに多く任せてもらえると考え、日々の作業に責任感を持って精一杯努めています。上司や先輩から「やってみるか」と言われた際に最初から難しいと諦めるのではなく、何にでも前向きに取り組むことで、技術力や人に頼られる人間力も磨き、自身の理想像に近づいていきたいです。当社は親身になって教えて下さる先輩方も多く、未経験でも安心してチャレンジし続けられる会社だと思います。

1日のスケジュール Oneday Schedule

8:00

朝礼・RKY活動・クレーン点検など

9:00

作業(ガス切断・各種MK・塗装作業助勢・
製缶組立・新卒者教育など)

12:00

昼食・休憩

13:00

作業(ガス切断・各種MK・塗装作業助勢・
製缶組立・新卒者教育など)

17:00

退社